2018年6月9日土曜日

<歴史マニアの半歩深読み> 新大河『西郷どん』 (2)

過去最低レベルで不人気って本当?


この10年で大河ドラマを最後まで観た確率が20%の私ですが、『西郷どん』は最初の記事を書いてから3か月半、毎週録画を欠かさない珍しいお気に入りになっていました。

が、どうにも視聴率が非常に低かったり薄っぺらいという低評価が多いとのこと。

林真理子が歴史扱う時点で深さは分かるだろと言いたいのですが、それより何よりこの面白さが分からないのかと。


別に他人が観ても観なくても極めてどうでもよいのですが(笑)、時代小説なんて書いて小さい賞を獲ってしまったりランキング1, 2位を維持する歴史ブログを運営する身としては、せっかくなので魅力を言葉にしておこうかなと。

1円にもなりはしませんが、まあ、単なる趣味ですな。

<前回記事>


ある意味「まだ始まってもいない」


さて、本作で特徴的なのが徹底的に西郷の「人物」を描いている点です。

もう6月ですが、ある意味まだ「幕末」は始まっていません。

西郷の壮絶な生涯にとってはサブシナリオどころかミニゲーム程度の奄美大島にまさかの1か月を費やすなど、幕末を観たい大半の方にとっては確かに退屈なのかもしれません。

「歴史じゃなくホームドラマかよ」という声があったとしても若干納得はできる。

------

ただ、そこがこの『西郷どん』の魅力だと思います。

島流しにあった先で子供を作った。この一行で済ませ得る出来事をあそこまで人と人との絆から描くのはさすがです。林真理子の武器が(珍しく?)非常に上手くはまっている気がします。


西郷が永久の別れをし薩摩に帰ってしまう時など本人たちより泣きました。笑

二階堂ふみと一生島で暮らせるんだからもう日本国とかどうでもいいじゃんかと。笑


日本の歴史上最大の内戦「戊辰戦争」


「幕末が好き」という人は多いですが、新選組や奇兵隊を筆頭に「戦いが好き」という程度であったり、政治家に多い(虚像の)坂本龍馬への憧れやら維新や志士などといった生き方(死に方)への漫画的興味が大半な気がします。

私が他の歴史記事でも書き続けている通り、歴史なんて勝者の作文であり、特にこの幕末には長州による悍ましいテロや会津を代表としたその悲惨すぎる殺戮被害者がいます。


もちろん時代の大きな流れがあり組織がある中での個人なわけですが、「革命に犠牲は付きもの」などという抽象的な話では全く収まらないものがあります。彼らが昭和陸軍になるわけですからね、毎回言いますけど…。


時代の捉え方が多様だからこその「人物作品」


少し前までなら歴史は「楽」だったと思います。物語が決まっていたから。

しかし、最近は研究が進んできたり信憑性が高くかつ斬新な仮説も出てきたため、「最初に作られた物語」をそのまま映像にしてももはや価値がありません。


どの説をどれだけ取り入れ、歴史の空白をどう埋めて何を伝えるのか。

小説でもドラマでも漫画でも著者の歴史センスがより問われる時代になったと思います。


その点から言って、人物に焦点を当てて掘り下げる西郷どんは「上手い」。世界観を確立しその土俵の中で負けない勝負を続けている感じでしょうか。

そのため私のように一度気に入ってしまうとサトウキビを刈り取っている二階堂ふみをぼんやり眺めているだけで「今回もよかったわ~」とかなるし、入り込めないと「……なんだこれ」となるのかなと。


ここからどう描くかが真価


ここからいよいよ戦いです。それは単に幕府軍や長州とドンパチやるという意味ではありません。

と言うか、実は西郷隆盛自身はあまり戦場で指揮はしません。後に海軍大将となる弟が戦場で活躍しました。

西郷はこれから、先ずは薩摩の中で戦うことになります。

そしてもちろん、最後は無二の親友であった大久保利通と…。


ハートフルだけでは満たせない幕末。いよいよどう描くのか見届けるのが楽しみです。


=============================
 
著者:ひさなお
 
 TOEIC満点、作家、投資家、IT企業グローバル人事、馬券師。
 慶應義塾大学→UCLA→大手IT企業。

  第3回マイナビ作品コンテスト最優秀賞受賞。 

==============================



ブログホーム


親ブログ: 『一歩世界へ』




2018年2月25日日曜日

<歴史マニアの半歩深読み> 新大河『西郷どん』

戦国5回、幕末4回、最後まで観た率20%(この10年)

この10年で戦国時代が5回、今回の『西郷どん』で幕末も4回目となる大河ドラマ。

こんな歴史ブログを書いたり(戦国ブログランキング1位らしいです今)、小さな文学賞を獲る程度には時代小説(歴史小説よりも何でもあり)も書いている私ですが、最後まで観たのは『軍師官兵衛』と『真田丸』くらいです。実は『龍馬伝』の時は留学しており終わり頃しか観られなかった…。

昨年の直虎は出だしはよかったですが、一生くんが死んでからは見る気が無くなりました。


歴史好きはすでに一般的な説からマニアックな解釈まで知識はたらふくあり、「この作品ではどう描くか」を楽しみにしています。直虎に関しては元々情報が乏しく、歴史の大局に大した影響も与えていません。正直「歴史的にどうでもよい小さい家のホームドラマ」になってしまいました。

最後の本能寺では以前に私が熱烈な書評を書いた新説が採用されており(最終回だけ確認)そこだけは安心しましたが。


林真理子なのに(だから?)面白い『西郷どん』

さて、今年の大河ですが、一か月半観てきて今回は期待できます。


[おすすめ度] ★★★★★  

[歴史学べる度] ★★★☆☆

[テンポ・面白さ] ★★★★☆

[演技力] ★★★★★



原作林真理子の時点で、「ああ、また歴史無視したホームドラマか…」と正直期待できなかったのですが、始まってみるとなかなか面白いです。

先ず、流行りの俳優を使い可愛さや色気頼みのキャストではなく、実力派俳優による安定感ある布陣ですよね。

また、可も不可もない林真理子氏(失礼、でもコピーライターとかいう商売からそこまで成り上がればもういいでしょ)の原作によって、結果的に「ドラマとしての面白さ」が上手くはまっている気がします。


さすがにジョン万次郎と若き西郷が偶然会ったりと、「知ってる歴史人物とりあえず突っ込む」感にはどうしようかと思いましたが、まあ、この物語が描きたいポイントが別であればドラマとして見ればいいのかなと。脚本や演出が上手いのでしょう。


そもそも今なぜ討幕側を描くのか

それでは歴史の話をしましょう。

そもそも、討幕側を正義として描くことはもはや時代遅れだと私は考えます。

尊敬する人物は坂本龍馬。憧れる生き方は幕末の志士。

そんな「フィクション」を本気で口に出せるのは政治家くらい頭があれじゃないとしんどいです。

-----

詳しくは下記書評で書きましたが、研究が進んできた現在では、例えば最高級の英雄として描かれる坂本龍馬は、司馬遼太郎氏が創り出した完全なる「虚像」であり、ドラマや映画で描かれる歴史の常識の多くが「単なる物語(=嘘)」であることはむしろ常識ではあります。

明治維新という過ち [原田伊織氏]  


また、歴史とは勝者が作る物です。

戦国は秀吉と家康が、幕末は長州と薩摩が「自分たちの物語」に書き直しました。

今では特に長州の「異常な」殺戮には、正直「革命に犠牲は付きもの」などという抽象的な話では全く収まらないものがあります。

彼らが昭和陸軍になるわけですが……、まあこれ以上この話をしても私に得る物はないのでこのへんで。


西郷隆盛だけは好き

その中にあって、西郷隆盛だけは好きです。

戦国に比べてはるかに資料の多い幕末ですから、大分彼の人物像も再現性が高くなってきたと思います。

彼の、自分の利益を超えてどこか天命に突き進む姿は、たしかに歴史に名を遺すべき人物です。

よく考えれば、彼は最終的に歴史側の「敵」になるわけですが、それでもこれだけ英雄として語り継がれてきたことを考えると、それだけ稀有で正義の男だったのかもしれません。


諸説ある大久保利通との仲


まだドラマは始まったばかりでネタバレになるので今回は控えます。(歴史にネタバレって何だ)

しかし、やはり西郷とくれば大久保(瑛太)との真相。

司馬遼太郎氏が描いたような本当に親友だったのか、それともいずれ殺し合う根源には大久保の闇があるのか…。

おそらく『西郷どん』では「西郷の生き方としてこうするしかなかった」という構成にするのでしょうが、数奇な人生を辿る西郷をどう描くのかは楽しみの一つです。


以上、1円にもならないながらせっかくランキング1位だし更新するか、ということで幕末記事でした。

(よく考えると戦国ブログに書く記事ではないな。笑)


=============================
 
著者:ひさなお
 
 TOEIC満点、作家、投資家、IT企業グローバル人事、馬券師。
 慶應義塾大学→UCLA→大手IT企業。

  第3回マイナビ作品コンテスト最優秀賞受賞。 

==============================



ブログホーム


親ブログ: 『一歩世界へ』




2017年10月9日月曜日

織田信長 (11) - (40歳) 浅井・朝倉・室町幕府の滅亡 -

「信長包囲網」で窮地に立たされるが…


ここまで見てきた通り、名門朝倉や裏切りの浅井、最も信長を苦しめた石山本願寺、信長を最後まで憎み切った将軍足利義昭、そして信長前夜の覇者武田信玄までも、「信長討つべし」と日本中で信長包囲網が敷かれました。


武田信玄の死で形勢逆転


しかし、三方ヶ原で徳川軍と共に織田軍の有力武将も討ち死にはしたものの、武田軍は信玄の病死により引き返していきます。


まさに九死に一生。

この一生のために耐え続けた織田軍がこの機を逃すはずがありません。


室町幕府滅亡


先ず信長は、徹底的に信長を嫌い日本中の有力武将を「信長討つべし」のもと徴集させようとした足利義昭を追放します。


これにて室町幕府は滅亡します。


朝倉・浅井の滅亡


そしてついに、主力として織田軍を追い詰めてきた朝倉と浅井と対峙することができます。


囲まれながら逃げながらでは形勢不利でしたが、正面から対峙すれば天下の織田軍です。

先ずは朝倉義景を自害させて朝倉家を倒し、ついに浅井長政も小谷城の戦いで破り自害させます。

浅井長政、わずか28年の生涯に幕を閉じます。


この小谷城の戦いで活躍したのが羽柴秀吉でした。


お市と茶々が織田家に戻る


信長の妹で浅井長政の妻であったお市と、その娘たちは落ち延びて織田家に戻ることになります。


お市とその長女茶々。


秀吉に旦那を殺されたお市は、この後次の旦那も秀吉に敗れ、共に自害し生涯を終えます。

そして秀吉に父を殺された茶々は、なんと秀吉の妻になり、戦国時代を終わらせる張本人となっていきます。


織田信長も、豊臣秀吉すらも世を去った後の、まだ少し先のお話ですが……。




=============================
 
著者:ひさなお
 
 TOEIC満点、作家、投資家、IT企業グローバル人事、馬券師。
 慶應義塾大学→UCLA→大手IT企業。

  第3回マイナビ作品コンテスト最優秀賞受賞。 

==============================



ブログホーム


親ブログ: 『一歩世界へ』




浅井長政とお市


2017年8月20日日曜日

<歴史マニアの書評6選> 戦国 & 幕末 - 小説、歴史研究、漫画まで -

書評ブログ


この戦国ブログの姉妹ブログに、書評ブログがあります。


TOEIC満点小説家の本棚


ここでは私の本業のビジネスや洋書、投資や科学、ITや映画、ギャンブルから漫画まで書いておりますが、当然歴史本についても書き込んでおります。


本日はその中から、「間違いのない」名作について書評を並べさせていただきます。



戦国時代



【小説】 村上海賊の娘 [和田竜氏]



【小説】 光秀の定理 [垣根涼介氏] 



【歴史研究】 本能寺の変431年目の真実 [明智憲三郎氏]



幕末


【漫画】 ちるらん新撰組鎮魂歌 [橋本エイジ氏]



【漫画】  天翔の龍馬 [橋本エイジ氏]



【歴史研究】  明治維新という過ち [原田伊織氏]



無論、「名作」に素直に従えばこれ以外や以上の物も数多く挙げられますが、もし上記の中で知らない作品があれば、先ずは読んでいただけたら幸いです。


それでこそ、こうして歴史ブログを書く意味もあるのかなと思います。




=============================
 
著者:ひさなお
 
 TOEIC満点、作家、投資家、IT企業グローバル人事、馬券師。
 慶應義塾大学→UCLA→大手IT企業。

  第3回マイナビ作品コンテスト最優秀賞受賞。 

==============================



ブログホーム


親ブログ: 『一歩世界へ』





2017年3月26日日曜日

織田信長 (10) - (39歳) 武田信玄 vs 徳川家康 「三方ヶ原の戦」 -

武田信玄最後の戦いへ


信長編も佳境ですが、ここで信長編の前の主人公武田信玄と、後に戦国時代を終わらせる徳川家康に登場してもらいます。


信長包囲網に信玄参戦


浅井や朝倉といった「vs信長包囲網」を見てきましたが、ついに武田信玄までもが参戦に動きます。

元亀3年、51歳となった武田信玄は3万の大軍を率いて上洛を始めました。


武田軍 (51歳、兵力30000) vs徳川軍 (30歳、兵力10000)


上洛戦を開始した武田軍は徳川の城を攻め落としながら侵攻します。


あの信長でさえ貢物を送り続け同盟を維持しようとし続けた武田軍。

キャリアも戦力も桁違いの信玄は、徳川家康に対し「一切眼中になし」と浜松城を通り過ぎてしまいます。


負けるとわかっていても


戦えばどう考えても負けが明白な家康でしたが、「黙って通すのは恥」とまさかの強引に追い打ちをかけます。


信長から援軍3000は来たものの


戦の強さに加え倍以上の兵を持つ武田軍に対し、若気の至りの家康が奮起してしまった以上、徳川軍と織田の援軍も命を使い戦わなくてはなりません。


徳川軍はせめて勝機がありそうと、祝田の坂を下る武田軍に背後から攻め込もうとします。


全て罠


しかし、百戦錬磨の武田信玄が徳川の若造にわずかな勝機も与えるはずがありません。


信玄は初めから野戦におびき出すところまでを計算し、徳川を挑発するような進路を取ったのでした。


徳川軍完敗


信玄や信長がいなくなった世では「野戦最強」とも謳われた家康ですが、この時点では武田信玄相手にまともに戦うこともできません。


完全なる兵力差に徳川軍は崩壊し、多大な被害を出しながら命からがら城に逃げ帰るのがやっとでした。


死傷者 (武田軍200, 徳川軍2000+有力武将)


家康の無謀な戦いのせいで、徳川軍は10倍以上の死傷者を出しただけでなく、織田軍の武将も含めて有力な人材を失います。


余談ですが、敗走の中で家康の身代わりとなり討ち死にした夏目吉信は文豪夏目漱石の先祖でした。


絶体絶命の織田軍だったが


この三方ヶ原の戦いで同盟の徳川軍が惨敗したことは、織田軍にとっても致命的でした。

仮に信玄が信長包囲網に加わっていた場合、果たして歴史は根本から変わっていたかもしれません。


1年後に武田信玄死す


織田信長と言えど実は「九死に一生」の連続であったことは分かってきたと思います。


しかし、信長の恐ろしいほどの強運なのか、徳川軍を破り三河に侵攻した武田軍でしたが、1か月後に信玄の病気が悪化し進軍を止めることになります。


信玄、そして武田家の滅亡


そのわずか1年後に武田信玄は病死します。


武田信玄の死は戦国の一つの時代の終わりであり、織田信長という最大の時代も残り10年を迎えることになります。




◇◆関連歴史書(再掲)◆◇


数多の歴史本を読んできましたが、歴史小説のベスト3に入る代物です。

書評も書いていますのでよければ参考にしてみて下さい。


【歴史小説】 光秀の定理 [垣根涼介氏]



『光秀の定理』


垣根涼介氏





※詳細は画像より




=============================
 
著者:ひさなお
 
 TOEIC満点、作家、投資家、IT企業グローバル人事、馬券師。
 慶應義塾大学→UCLA→大手IT企業。

  第3回マイナビ作品コンテスト最優秀賞受賞。 

==============================



ブログホーム


親ブログ: 『一歩世界へ』




2017年2月26日日曜日

織田信長 (9) - (38歳) 比叡山焼き討ちの「正義」 -

神も仏も恐れぬとは真実か


織田信長と言えば神も仏も恐れぬと言われたり、非情な魔王と呼ばれたりしますが、ここまで読んできた方は気付いてきたかと思います。


戦国時代においては名も無き大名から農民まで、どれほど命が軽く扱われてきたかを。


信長だけが狂っていたという結論は全く的を得ていません。


腐敗し切った「最低の」僧


信長の「異常さ」として示されることもある比叡山の焼き討ち。

しかし、歴史好きにはもはや常識ですが、この時代の僧の没落は目に余るものがあり、信長の行為は極めて「正しい」と筆者は考えます。


この時代の僧は、たとえ新興の一向宗であっても、仏道という名の正義を振りかざし何千や何万という信者を操り殺生を「楽しむ」輩でした。

経もあげず学問もしない。信者を使って殺生を楽しみつつ、女遊びと肉と酒にひたすらふける。


力を持った最低の連中だと断言できます。


武家の支配を一切受けないことをいいことに


修行の場でひたすら女をむさぼる上に、全国の一揆を先導する僧たち。


一つ前の記事で書いた「宇佐山の戦い」でも、たった500人で40000人相手に獅子奮迅の戦いを見せた森可成が、信長に放った使者たちをことごとく要所で討ったのも比叡山の僧兵たちです。


それに飽き足らず、自分たちは何をしようが誰も手出しできまい、と比叡山の僧たちは浅井・朝倉勢をかくまいます。


自ら戦にやってきた当然の報い


自分たちには手出しできまい、と信長の浅井・朝倉の受け渡しを拒み続けます。


信長は浅井や朝倉だけでなく包囲網と日々命のやり取りを続ける戦国武将です。事実、大事な家臣を多勢に無勢で皆殺しにされたわけです。


己を殺そうとする軍団を排除する。信長の比叡山に対する「戦い」は至極当然だと思います。


現代では想像できないほどの「聖域」


科学技術が著しく進化した現代ですら「別物」に扱われ得る宗教。

この時代の仏門は「絶対」であり、この戦いは信長を更に理解できぬものにしたのでしょう。


この時点で最も勢いのあった家臣の明智光秀が反対したり、真相は怪しいですが後の秀吉ですら山に火をつけながらこっそり僧を逃がしたという話があったりと、比叡山はそれほどの「聖域」でした。


包囲網との戦いもいよいよ最終段階


しかし、信長とは天下統一へと突き進む武将であり、織田軍を滅ぼされるわけにはいきません。


400年以上経った今、この時代の僧に対し信長は「異常」でしたでしょうか。


真の評価は歴史が決める。

この言葉を感じ取れる一幕ではないかと筆者は考えます。



◇◆関連歴史書◆◇


数多の歴史本を読んできましたが、歴史小説のベスト3に入る代物です。

書評も書いていますのでよければ参考にしてみて下さい。


【歴史小説】 光秀の定理 [垣根涼介氏]



『光秀の定理』


垣根涼介氏




※詳細は画像より





=============================
 
著者:ひさなお
 
 TOEIC満点、作家、投資家、IT企業グローバル人事、馬券師。
 慶應義塾大学→UCLA→大手IT企業。

  第3回マイナビ作品コンテスト最優秀賞受賞。 

==============================



ブログホーム


親ブログ: 『一歩世界へ』





2017年1月29日日曜日

織田信長 (8) - (37歳) 猛将「森可成」散る…… -

信長最大の敵「石山本願寺」


信長編に戻ります。

前回の「姉川の戦い」でどうにか浅井・朝倉に勝った信長軍でしたが、包囲網は弱まるどころか増大していきます。

信長はこれからなんと10年もの間、石山本願寺を中心とした一向宗と戦うことになります。


織田軍 vs三好三人衆


1570年、将軍殺しでも有名な三好三人衆と織田軍の戦いが始まります。

野田・福島の戦いにて圧倒的な兵力差で三好三人衆を追い詰めていく織田軍でしたが……



中立の立場だった石山本願寺が挙兵


しかし、中立の立場だった石山本願寺が突如信長に刃を向けます。

戦闘のプロでないとはいえ膨大な数の門徒を抱える本願寺は、信長の生涯で最も長きに渡り戦う最大勢力となります。


同時に浅井・朝倉も進軍


当初三好三人衆を討伐するだけの戦だと思っていた信長軍ですが、なんと本願寺と浅井・朝倉という二大勢力による完全包囲の罠でした。

将軍足利義昭の求めに応じ、日本中が「信長討つべし」と織田軍を狙います。


このままでは浅井・朝倉によって信長軍の退路は完全に断たれようとしていました。


最後の砦「宇佐山城」


信長絶体絶命の状況で、唯一かつ最後のおさえとなった拠点がありました。

森可成が守る宇佐山城です。


そうです。「本能寺の変」で最後の最後まで信長の隣で戦った小姓、森蘭丸の父親です。


1500 vs 30000


浅井・朝倉の兵力は30000。ここで全てを終わらせるべく最大限の勢力を投入した敵に対し、森可成率いる兵力はわずか1500。


しかし可成はここで素通りを許せば信長の天命も尽きると、わずかでも時間を稼ぐべくたった500の兵を率いて討って出ます。


500 vs 40000


なんと森可成はたった500の寡兵でも30000の大軍を食い止めます。

後述しますが森家は息子たちの方が有名になるものの、父親もこの戦で歴史に残る猛将となります。


しかし……。


ただでさえ一矢報いるので精一杯の勢力差に加え、さらに敵軍に10000の援軍が到着します。


比叡山延暦寺の僧兵も参戦


あの信長を討てるとなれば、どこからともなく敵の敵が味方となり包囲網は厚くなります。


まさに一騎当千、獅子奮迅の抵抗を続けた森可成軍ですが、ついに力尽きて討ち死をします。


500の兵、全員が討ち死という壮絶な戦いでした。


全員短命だが強者揃いの森家


実は、信長配下で信長より先に討ち死する有名な武将はあまりいません。
 
その中でも森可成が有名ですが、森家で最も有名な蘭丸は実は三男であり、長男はすでに戦死、四男、五男は蘭丸と共に本能寺で討ち死にをします。


また、次男でこの後大暴れをする(大問題児)森長可も、信長の死後秀吉と家康が戦った「小牧長久手の戦い」で戦死します。


親子総出で信長時代を生き切った、歴史に欠かせない一家だったと言えるでしょう。


※書きながら思い出しましたが、学生時代に筆者の先祖を調べたところこの森家に仕えていたそうです。祖父がそんな話もしていましたし、わずかながらに特別な思いが残る戦いです。



◇◆関連歴史書◆◇


ついにきちんとご紹介ができますが、最も好きな歴史小説の1つであり、2014年本屋大賞を受賞した名作です。


『村上海賊の娘』


和田竜氏




※詳細は画像より


まさに信長 vs 石山本願寺を描いた作品です。

別記事でもしっかりご紹介しますが、全4巻一気読み間違いなしです。




=============================
 
著者:ひさなお
 
 TOEIC満点、作家、投資家、IT企業グローバル人事、馬券師。
 慶應義塾大学→UCLA→大手IT企業。

  第3回マイナビ作品コンテスト最優秀賞受賞。 

==============================



ブログホーム


親ブログ: 『一歩世界へ』




森可成