2016年12月30日金曜日

織田信長 (7) - (37歳) 織田&徳川 vs 浅井&朝倉「姉川の戦い」 -

激戦「姉川の戦い」


朝倉と浅井に挟まれながらもどうにか撤退した信長は、岐阜で体制を整え直し2万を超える軍勢で再び攻め寄せます。
 
裏切りに失敗し怒り狂った信長を相手にする浅井軍ですが、1万を超える朝倉家の援軍と共に腹を括ります。(朝倉家当主は参戦せず)


徳川軍5千も到着


信長の同盟軍であり、先の金ヶ崎では同じく撤退に追い込まれた徳川軍も駆けつけます。

ここに信長・徳川連合と、浅井・朝倉連合が姉川を挟んで対峙します。

 
浅井軍の猛攻


後の歴史を知れば信長や家康のビッグネームが圧勝したのかと思いますが、実際は名門浅井・朝倉が決死の奮戦をします。


織田軍は浅井軍と、徳川軍は朝倉軍と正面から激突します。数でも負けていない朝倉が徳川軍に善戦し、奮起された浅井軍も織田軍を押し込みます。


池田恒興、羽柴秀吉、柴田勝家軍も抜かれる


浅井軍の猛攻は止まらず、織田軍の名だたる武将が次々に打ち破られます。

歴史に「もし」は無いものの、序盤は浅井軍の破竹の勢いで下手をすれば信長本陣すら危うかったほど攻め込まれます。


善戦するも徳川軍により朝倉軍敗走


当主は参戦していないものの予想以上に善戦を続ける朝倉軍。

このまま浅井と朝倉で押し込めば歴史が変わっていたかもしれませんが…、そうは徳川が許しません。
 
別動隊の榊原軍が側面を突いたことを転機に、徳川軍が一気に朝倉軍を押し返し、ついには敗走へと追い込みます。


信長の首まであと一歩に迫った猛将遠藤直経


朝倉軍の劣勢と共に徳川軍は織田側にも援軍を回し一気に情勢は傾きます。
 
信長相手に怒涛の快進撃を続けた浅井軍も、無念ながら撤退を余儀なくされます。


しかし、浅井家重臣の遠藤直経は文字通り一矢報いるため、自らの命を使い信長に斬りかかります。

戦死した家臣の首を使い、浅井家重臣として値打ちのある己の首と称して褒美をもらうふりをして本陣に向かいました。


まさに命を賭けた刺し違えを狙いましたが、信長本陣にいて遠藤の顔を知っていた竹中久作(半兵衛の弟)に気付かれ討ち取られます。


激戦を制するも四面楚歌はまだまだ続く


辛くも戦には勝ったものの、朝倉も浅井もまだまだ滅んではおりません。

さらに両家との戦いなど序章に過ぎず、日本中から狙われる信長包囲網が着々と作られていきます。



◇◆関連歴史書(再掲)◆◇


信長はじめの一歩としてお勧めしているのがドラマや映画にもなった下記漫画です。

ドラマ・映画版とは内容は全然異なり、史実のポイントを抑えつつ独特の柔らかさで描く良作だと思います。


進みが遅く半年に一冊しか出ませんが、ファンブックを買うほど応援している作品です。

すでに歴史好きでも「こう描いたか」と描き方を楽しめる世界観だと思います。


『信長協奏曲』


石井あゆみ氏




※詳細は画像より




=============================
 
著者:ひさなお
 
 TOEIC満点、作家、投資家、IT企業グローバル人事、馬券師。
 慶應義塾大学→UCLA→大手IT企業。

  第3回マイナビ作品コンテスト最優秀賞受賞。 

==============================



ブログホーム


親ブログ: 『一歩世界へ』





0 件のコメント:

コメントを投稿